Lのこだわり

私の考えですが、ジェルネイルが爪に悪いとは思っていません。
付けている間は補強にもなるでしょう。

ただネイルサロンで伝えられる「付け替え時期、お直し時期」を守らなかったりすると、
爪に負担がかかってしまったりグリーンネイルになってしまったり、という危険が伴います。

またジェルをのせる前の段階でのサンディング(爪表面の傷入れ)や
オフ時のファイル(削り)は、とっても難しく、かつ、とっても大切です。
ここを間違えると爪を傷めてしまいます。

これは私たちネイリストの責任ですし、
付け替え時期やお直し時期について、どうしてその時期なのか?を
お客様にわかるように説明させていただくことも、
大切な爪を預からせていただいているのですから当たり前のことです。
私のサロンでも、削りの技術とお客様へのご説明は徹底していきたいと思っています。

Hand&Nail salon L では、素材にこだわりぬいて
爪のサンディング(削り)不要のジェルを使用します。
それでも、サンディングしないから爪を傷めないということではないので、
しっかりとお爪の状態を見ながら施術させていただかなくては!と気合を入れています。

ネイルケアの良いところ

ネイルケアの良いところは、
甘皮の処理をすることによって、爪の成長を妨げないところ。
見た目にも、意外と「あれ?なんか爪の周りスッキリしたね」って気付かれます!

Hand&Nail salon L では、ネイルケアの初心に戻って、
手本来の持つ美しさを引き出すためのお手伝いをしていきます。

爪や指先に自信のない方、お悩みをお持ちの方は、
Hand&Nail salon L にご相談ください。